Skip to content Skip to navigation

人間科学研究科/人間科学部

大阪大学人間科学部は、日本ではじめて設立された「人間科学部」です。1972年(昭和47年)に大阪大学文学部から独立する形で、心理学・社会学・教育学3系9講座からなる学部として発足しました。
 * 人間科学とは
 * 沿革
 * 研究科長/学部長挨拶

大学院紹介

臨床心理学

多様な観点から臨床実践と研究に触れる
【研究課題】
■ 不登校、自閉症、脳性まひなどへの臨床動作法や統合失調症の他者認知の研究...

地域秩序論

地域研究と人間開発を結ぶ
【研究課題】
■ 中国・中央アジア諸国など現代シルクロード地域の社会開発、国際保健・人口学

 ...

学部紹介

学生支援室

学生支援室では、専任教員が学生の就職・進路支援や、インターンシップの実施、学生の生活上の諸問題(ハラスメント問題を含みます)の相談に応じ、問題解決の援助を行います。また、...

福祉社会グループ

福祉を通して人間を見る
福祉グループは社会保障や高齢者・障がいのある人の福祉、市民活動に関する研究を行っています。...

留学・国際交流

人間科学部、人間科学研究科は、留学や国際交流を推奨しています。大学のグローバル化のための「国際化拠点整備事業(グローバル30)」として、英語のみで授業を受け、卒業できる「人間科学コース」を設置しているほか、国際公募による外国人教員の採用、留学生の受け入れ、日本人学生の留学へのアドバイスなどを行っています。

進路・資格について

人間科学部・人間科学研究科では、各種の資格・免許状を取得できます。
学生たちは、学部や研究科の学びで身に付く複眼的な思考力や実践的行動力を活かして、現実社会へ羽ばたきます。

教員著作リスト

関係性における暴力―その理解と回復への手立て 藤岡淳子

浅野恭子・藤岡淳子 2008 『関係性における暴力―その理解と回復への手立て』 岩崎学術出版社.