Skip to content Skip to navigation

人間科学研究科/人間科学部

大阪大学人間科学部は、日本ではじめて設立された「人間科学部」です。1972年(昭和47年)に大阪大学文学部から独立する形で、心理学・社会学・教育学3系9講座からなる学部として発足しました。
 * 人間科学とは
 * 沿革
 * 研究科長/学部長挨拶

大学院紹介

人間と文化

人間と文化の関わりを見る
【研究課題】
■ 文化と経済に関する比較研究

 グローバル化が進行する現代において、...

国際社会開発論

地域に根差した持続的発展を探る
【研究課題】
■ 集団型農業・農村開発、マレーシア先住民社会研究
■ 地域開発活動、...

学部紹介

応用認知心理学

日常的場面での人間の行動と認知を研究する
人間の行動の背後にある周囲の環境からの情報の獲得と処理について、...

紛争復興開発論

人びとに寄り添う人道支援を考える
紛争や自然災害によって大きな被害を受けた地域に対して、国際社会はどのような支援ができるのか、...

留学・国際交流

人間科学部、人間科学研究科は、留学や国際交流を推奨しています。大学のグローバル化のための「国際化拠点整備事業(グローバル30)」として、英語のみで授業を受け、卒業できる「人間科学コース」を設置しているほか、国際公募による外国人教員の採用、留学生の受け入れ、日本人学生の留学へのアドバイスなどを行っています。

進路・資格について

人間科学部・人間科学研究科では、各種の資格・免許状を取得できます。
学生たちは、学部や研究科の学びで身に付く複眼的な思考力や実践的行動力を活かして、現実社会へ羽ばたきます。

教員著作リスト

人はなぜ集団になると怠けるのか-- 「社会的手抜き」の心理学 釘原直樹

釘原直樹(著) 2013 『人はなぜ集団になると怠けるのか-- 「社会的手抜き」の心理学』 中公新書.