Skip to content Skip to navigation

Kyosei Studies (Critical Studies in Coexistence, Symbiosis and Conviviality)

「多元性を互いに認め合い、対等な関係を築きながら、ともに生きる」実践と研究

共生とは、「民族、言語、宗教、国籍、地域、ジェンダー・セクシュアリティ、世代、病気・障がい等をふくむ、さまざまな違いを有する人々が、それぞれの文化やアイデンティティの多元性を互いに認め合い、対等な関係を築きながら、ともに生きる」ことを意味します。共生学科目の使命は、人間科学部が蓄積してきた教育・研究活動の成果を土台として、一方では「人間が人間らしく生きる」とはどういうことかという原点に立ち返り、他方では21世紀のグローバル社会の状況を反映した、「共生学」を構築することです。そして、新たな学問を構築する営為を続けつつ、私たち全員が直面している「共生」という重大な課題に対する理論的・実践的解を、アクティブに探究・案出できる人材の養成をめざします。

Kyosei Studies web site: http://kyosei.hus.osaka-u.ac.jp/en/