Skip to content Skip to navigation

Comparative and Developmental Psychology

心のしくみの発達と起源を探る
【研究課題】
■ 乳幼児期・思春期・青年期の発達心理学的研究
■ 母子関係・仲間関係・コミュニケーションの発達と障がい(自閉症など)

 人間の行動を真に理解するためには、胎生期から大人に至る行動発達のプロセス(個体発生)だけでなく、原生動物から人間に至る行動進化のプロセス(系統発生)を視野に入れる必要があります。比較発達心理学研究分野は、発達心理学や比較行動学にその方法論を求め、人間の心理、行動および身体、またそれらの相互関連性を追求する分野です。研究対象は、人間の乳幼児期から思春期・青年期にまでわたっています。
 研究テーマとしては、母子のアタッチメントとこどもの発達、仲間関係と遊び、共同注意や心の理論、非言語的・言語的コミュニケーションの発達、自閉症や注意欠陥多動性障がいといった発達障がいの心理、などがあります。
 研究フィールドは、保育園、母子医療センター、発達障がい児通園施設、などであり、時には家庭を訪問して、乳幼児の行動観察を行います。また、思春期・青年期の性的発達を中心とした質問紙調査も行われています。このように当分野は、研究対象が広範多岐にわたり、幅広い興味関心を持った教員、学生が集まっています。毎週定期的に開かれるゼミ・研究会では、論文執筆や学会発表に備えて、活発なディスカッションが行われています。

    教員

    Professor:
    KANAZAWA Tadahiro
    Assistant Professor:
    SHIMIZU Mayuko