Skip to content Skip to navigation

Behavioral Statistics

行動を数式で表して統計解析する
【研究課題】
■ サイコメトリックス,多変量解析法,行動統計学,数理心理学

 心理・行動データを分析するための統計解析法の研究開発を行う分野を、サイコメトリックス(Psychometrics)などと呼びます。この分野から は、多変量解析法と総称される分析法の幾つかが生まれ育ちました。代表例は、因子分析、構造方程式モデリング、多次元尺度構成法や各種の主成分分析法です。こうした解析法の改良や、新たな分析法の開発、すなわち、統計数理モデルを考案し、それを解くためのアルゴリズムを開発することなどがテーマとなりま す。数式に基づくものは「既に確立されたもの」という印象を与えますが、実はそうではなく、既成の統計法にも改善の余地は多く、また、「こんな分析法が あったらいいのに」と感じられる未開発の方法も数多い点で、研究テーマは豊富です。また、知覚、記憶、思考、感情といった心のメカニズムを数式で表そうと する、いわば「物理学」につく「物」を「心」に変えたような学問、数理心理学も研究分野の対象です。以上の分野の研究には、線形代数や確率論などの数学を 要しますが、数学力よりむしろ「自由なイマジネーション」や「斬新な発想力」が大切といえましょう。

Academic Staff: 

    教員

    Professor:
    ADACHI Kohei