Skip to content Skip to navigation

Empirical Sociology

データを通して人間を見る
【研究課題】
■ 社会調査法、テキストの計量的分析法、新宗教の調査研究

 社会調査によって収集されるデータとその分析は、社会学の理論の発展の基礎となるものです。職業と人々のパーソナリティ、社会意識、家族や生活との関連など、多様な領域の社会調査について、総合的に研究しています。なかでも新宗教教団の、特に海外での布教についての調査研究を行っています。
 社会調査の方法も時代によって新しい方法が普及してきており、インターネットを使った社会調査技術、社会調査で得られたデータをインターネットで公開する システムの開発(図のデータ・アーカイブ)や、社会調査組織や社会調査教育システムの支援策などを研究しています。調査で得られたデータの処理の方法に ついてもパソコンの発達によって、大きく変化している部分があります。インタビューの記録や長文のテキストを、コンピュータによって適切に数値化されたデータに変換し、分析する方法は、近年盛んにおこなわれています。
 また本研究分野の開講科目を中心に履修していくことにより、一般社団法人社会調査協会が認定する社会調査士資格、専門社会調査士資格が取得できます。

Academic Staff: 

    教員

    Professor (S/A):
    KAWABATA Akira