Skip to content Skip to navigation

Studies of Welfare Society and Social Policies

福祉を通して人間を見る
【研究課題】
■ 社会保障政策、比較福祉研究、地域福祉研究

[社会保障政策]
 日本の社会保障政策は、少子高齢化・雇用の流動化や不安定化・デフレの進行・国家財政の窮迫といった状況のなかで、今、その質と持続可能性が問われている。従来の枠組みで対応できるのか、新しい発想に基づく改革が必要ではないか・・・・といった様々な議論があるなか、社会保障を市民自身による「より良い生」の実現に向けた共同の企てであると捉える立場から、そのあり方を考えていく。

[比較福祉研究]
 福祉制度の中で、国家、市場、家族や地域の役割を踏まえ、要介護高齢者や障害のある人たちが地域で自立した生活を送ることができる社会のあり方を研究する。日本国内の福祉現場の声に耳を傾 け、同時に国際比較の視点で、福祉政策やその動向を把握し分析する。(スウェーデンやノルウェー等、北欧社会研究に力を入れている。)

[地域福祉研究]
 福祉サービスの多くはかつて、慈善事業としてボランティアで担われ ていた。福祉分野での住民活動と行政のパートナーシップの形は、時代とともに変わっていくが、サービス供給、アドボカシーに関わる活動等、福祉社会における住民参画のあり方を研究する。

Academic Staff: 

    教員

    Professor:
    SAITO Yayoi
    Associate Professor:
    ENDO Chikako