Skip to content Skip to navigation

Applied Cognitive Psychology

日常的場面での人間の行動と認知を研究する
人間の行動の背後にある周囲の環境からの情報の獲得と処理について、さまざまな認知心理学的手法を駆使して研究し、日常的場面での認知と行動の関連性を解明します。その知見をもとに、行動を支援する技術の開発や改善を目指します。

    教員

    Professor:
    SHINOHARA Kazumitsu