教育工学

よりよく学べる方法を求めて

【研究課題】
■ 学習環境のデザインに関する研究

 教育工学は、最適な教育方法を探求することを目標とし、教育学、心理学、工学などの学際的な分野として1960年代に誕生しました。以来、人間諸科学における教育・学習、発達に関する研究の深化に連動して、社会や文化といった視点も取り入れ、よりよい学習環境のデザインをめぐる実践の創造とその理論化に取り組んできました。より具体的には、学習効果を高めるための、情報技術を活用したツールやシステムや、新しい教育課題に挑んだ学習教材や教育プログラムの開発や評価研究などが行われています。
 特に近年では、創造や協働などに関するより高度な能力の形成や、情報通信技術や人工知能技術の普及による社会環境の変化に対応した次代の教育システムの探求が課題となっています。
 本研究室では、人間科学の諸理論と研究方法論を身につけ、これからの時代の教育方法のあり方を探求してみようという学生を歓迎します。

教員

教授
西森年寿
教授【兼任】
齊藤貴浩