生涯教育学

一人ひとりが充実した人生を送るための生涯教育

【研究課題】
■ 多文化教育と人権教育に関する研究
■ ジェンダーと教育に関する研究
■ 開発と平和のためのスポーツ、生涯スポーツ、コミュニティスポーツ

 本研究分野では、学校教育や社会教育など、生涯教育についてさまざまな角度からアプローチするが、特に不平等の是正や社会的公正の実現という観点から研究を行っている。21世紀の今日では、人種、民族、国籍、性別、社会階層、社会的・地理的出身、年齢、障害の有無等の多様な差異に着目し、公正と民主主義を実現する立場から、公教育の理念・制度・カリキュラム・教材を再構築したり、ノンフォーマル教育の中で補完する必要性がある。またグローバル化の進展とともに、開発と平和や、人的交流および移動などによる、新たな課題もつぎつぎと登場している。
 一人ひとりが充実した人生を送るために、より民主的で公正な社会を実現することは生涯教育の基本的課題である。暮らしとともにある学びや、平等や「幸福」をもとめる学びについて、地域のニーズや課題に応えつつ、学習者が自らが 抱える問題を解決する道や問題解決を可能とする社会のあり方が模索されるべきである。そのためにも、不利益を抱えた集団や個人のエンパワメントを支援する教育のあり 方が重要になってくる。
 したがって本研究分野では、社会的公正や民主主義、平和、公共の福祉を実現するための生涯教育について調査研究や理論分析を行い、政策提言や具体的な教育実践に資する研究の推進に取り組む。

教員

教授
木村涼子
准教授(兼任)
岡田千あき
教授(兼任)
山本ベバリー・アン
教授【兼任】
有川友子