Skip to content Skip to navigation

地域秩序論【平成27年度までに入学した学生対象プログラム】

地域研究と人間開発を結ぶ
【研究課題】
■ 中国・中央アジア諸国など現代シルクロード地域の社会開発、国際保健・人口学

 グローバル化する現代社会では、大国中国の変容は東アジアや周辺諸国との地域秩序のみならず国際秩序にも 多大な影響を及ぼす。世界最大の高齢化人口を抱えなが ら、高度経済発展を遂げる中国は、被援助国でありなが ら、資源獲得の目的も背景にアラブ・アフリカ諸国への援助国でもあり、世界動向に少なからず影響を与える国連常任理事国である。また、ソビエト崩壊に伴う中央ア ジア諸国の独立を契機にシルクロード地域における中国との人と物の交流が再開し、新しいダイナミズムが起きている。中国では国の威信をかけて開催した北京オリン ピックを前に世界の注目を浴びる事件が次々と起きた- SARS など感染症流行、少数民族、環境、食の安全、情報公開と規則、国内格差、四川大地震。その間、国際社会への中国の関わり方や国際機関や世界各国との関係も大きく変容している。これらの切り口を含め、国際協力・ 社会開発学、国際保健・人口学、社会政策学、社会学、ジェ ンダーなどの多角的視点から、変容する現代社会における地域秩序とは何かを模索する。方法論の確立はもとよ り、中国語をはじめ研究対象地域の言語の習得も重視し、現地調査を伴うアプローチが奨励される。

教員: