Skip to content Skip to navigation

減災人間科学【平成27年度までに入学した学生対象プログラム】

減災のグループ・ダイナミックス
【研究課題】
■ 災害ボランティアを視野に入れた減災に関するグループ・ダイナミックス

  「良い理論ほど実践的なものはない」をモットーとするグループ・ダイナミックスを基礎としながら、災害ボランティアを視野に入れ、減災について、理論的かつ実践的に研究する。減災とは、災害時の救急救命から復旧、復興、そして防災にいたるまでのいわゆる災害サイクルの全般について、地域社会の崩壊を回避する活動や、地域に生きる人びとの生活に何らかの障害が認められる場面を改善する活動を指す。減災人間科学では、地域社会とそこに生きる人びとのベターメ ントをめざしたアクション・リサーチを展開する。具体的には、災害ボランティア・災害NPO に注目し、災害から復興する集落での長期的な現場研究などを中心として、地域防災、地域教育、地域医療など、幅広く様々な問題に取り組む。
 災害NPOと連携し、農山村、漁村、都市、途上国、先進国など、あらゆる現場に出かけていく。また、コミュニケーションデザイン・センターと協働し、研究成果をその分野に関心をもたない人びとにいかにして伝えていくかということを検討し、デザインしていく。

減災人間科学のホームページ… http://cdv.hus.osaka-u.ac.jp/
教員: