Skip to content Skip to navigation

臨床死生学・老年行動学

老いと死の問題に科学の目で挑む
【研究課題】
■ 老年行動学:高齢期の社会参加と適応、認知の加齢変化と異常、超高齢者・百寿者、介護、地域コミュニティとソーシャルサポート
■ 臨床死生学:終末期の医療とケア、終の看取り

 臨床死生学・老年行動学研究分野は、人生において避けることができない重要な問題である「老い(aging)」および「死(death)」の過程における人間の心理的な発達や成長に注目した研究を行っている。特に「生活の質(Quality of Life)」の向上という観点を重視し、基礎研究としては、心理的発達や成長のメカニズムの解明や評価方法の開発、応用研究としては介入的な手法を用いた研究を行っている。なお、これらのテーマはさまざまな方法論、学問領域からアプローチできるが、本研究分野で は、主に心理学・行動学で用いられる、科学的な方法論に基づいた研究を行っている。また、これらの研究手法を基に、医学、歯学、看護学、社会福祉学など関連諸領域の研究者や実践家とも積極的に連携し、学際的な研究アプローチをとっていることも本研究分野の特徴ともいえる。
 これまでおよび現在進行中の研究のキーワードをあげると、「サクセスフル・エイジング」・「高齢者の社会 箱庭療法の一場面的欲求」・「高齢者の精神的健康」・「高齢期の心理的発達」・「高齢者の認知機能」・「加齢に対する生活文脈の影響」・「高齢者のケア」・「地域コミュニティと高齢者支援」・「高齢者の孤立と孤独」・ 「超高齢者と百寿者」・「テクノロジーの応用」・「死生観」・「終末期の心理的適応」・「終末期のQOL」・「死別」・「悲嘆」などである。

臨床死生学・老年行動学のホームページ… http://rinro.hus.osaka-u.ac.jp/

    教員

    教授:
    佐藤眞一
    准教授:
    権藤恭之
    助教:
    豊島 彩