イベント

まなびのカフェvol.3 ~子どもを<助ける>いのちを<支える>~ 第2回 「身近な危機と子どもへのケア~「こころの救急箱」を作ろう~」

まなびのカフェvol.3
~子どもをいのちを~

 

子どもをめぐるケア・サポートなど<助ける>という視点に立って、「子育て支援」、「トラウマケア」、「多文化共生」、「事故予防」の4つのお話を専門家から伺います。子ども連れの参加も大歓迎!途中でお茶やお菓子をつまみながら、カフェ形式のお話をお楽しみください。

第2回
身近な危機と子どもへのケア
~「こころの救急箱」を作ろう~

 

 生活のなかでの傷つきや暴力、事故や災害など、子どもの危機は少なくありません。身近な大人もショックを受けて、どう対応したらよいのか迷いがちです。たしかに、こうした危機は子どもの発達に影響を及ぼしますが、子どもの回復を支えるためにできることはたくさんあります! ワークを通して、ケアの基本を練習しましょう。
 

 

日時:2018年11月14日(水)10:30~12:00 (10:15開場)

場所:浄土宗應典院 2階 気づきの広場
    〒543-0076 大阪市天王寺区下寺町1-1-27

参加費:ひとり500円(おとなのみ・乳幼児は無料)

申込み:要予約 https://goo.gl/forms/cvx55469heGfRC7t1

問合せ:應典院事務局
   T E L 06-6771-7641
   F A X 06-6770-3147
   E-mail info@outenin.com

講演者:野坂祐子(のさか さちこ)

大阪大学大学院人間科学研究科准教授。博士(人間学)・臨床心理士。トラウマ(心的外傷)のケアについて、学校や施設等で取り組む。「危機は一つの分岐点。子どもの回復や家族全体の成長にもつながります」著書『マイステップ:性被害を受けた子どもと支援者のための心理教育』(誠信書房)他

 

主催:大阪大学大学院人間科学研究科附属未来共創センター
    mirai-kyoso@hus.osaka-u.ac.jp
共催:浄土宗應典院
協力:学校法人蓮光学園パドマ幼稚園