Skip to content Skip to navigation

大学院学生研究集会開催支援金

平成29年度後期(秋・冬学期) 大学院学生研究集会開催支援金 募集要項

大阪大学大学院人間科学研究科 教育改革推進室


■ 趣旨

教育改革推進室では、本研究科大学院学生の研究活動をさらに活発にするための活動の一つとして、大学院生等が企画する講演会・シンポジウム・ワークショップ等の研究集会の開催費用を、1件10万円を上限として支援します。以下の各項目にしたがって応募してください。

■ 申請資格

人間科学研究科在籍の大学院学生、研究生、招へい研究員
ただし、研究集会開催時に休学・休学予定の学生、リーディング大学院に所属する学生は除く。(※共同企画者はこの限りではない。)
日本学術振興会特別研究員(DC1・DC2)に採用されている学生は、特別研究員の研究課題と同一でないことを条件に応募可能です。

■ 支援対象となる研究集会

  • 2017年10月~2018年2月末の間に開催
  • 人間科学部・研究科の学生・教員を主な対象として実施
  • 人間科学部・研究科の学生・教員が広く関心を持ちそうな、学術的・社会的意義のある企画
    • 人間科学研究科の学系を横断した大学院生による企画を推奨します。
  • 会場は原則として人間科学部内(それ以外の会場を希望する場合は理由を明記)
  • 講師は原則として日本国内居住者
  • この研究集会開催支援の資金だけで実施(他の助成金等の資金とあわせて実施するのは不可)
  • 企業・政治団体・宗教団体等の宣伝活動につながらないもの

■ 支援対象となる経費

  • 講師への謝金(大阪大学の規定額。金額は末尾のリンクにある「謝金・旅費資料」を参照。ただし、原則として学内外を問わず大学院生への謝金支払いは不可。特別な場合は事情を明記)
  • 講師の国内交通費・宿泊費・日当(大阪大学の規定額。宿泊費は必要と認められる場合のみ)
  • 研究集会内で必要な文房具等の物品の購入費
    • 経費の合計金額は10万円を上限とする

※大阪大学の会計に関する規程により支給できない経費、教育改革推進室が不要と判断した経費については、申請された金額から削減・減額になる場合があります。

■ 応募方法

①このページの一番下に載っているリンクから「大学院学生研究集会開催支援金申請書」をダウンロードし、作成
②指導教員に内容を確認してもらい、申請書に押印or署名をもらう
2017年8月24日(木) 15:00 までに、北館306に提出

■ 審査結果の発表

  2017年9月前半(予定) ※採択の場合は、研究集会実施後、報告書を提出していただきます。

■ 問い合わせ先

人間科学部北館3階N306室   助教・小林卓也
E-mail: takuyakobayashi@hus.osaka-u.ac.jp  TEL:06-6879-4053

 

■ 書類のダウンロード

大学院学生研究集会開催支援金申請書(Word)]・[謝金・旅費資料(PDF)