ジャトー株式会社(http://www.jato.co.jp/以下ジャトー社)は、創業以来70年以上にわたり、音響、映像、情報、セキュリティ等のシステムを公共性の高いフィールドに提供してきた会社です。今回のOSS提携では、ジャトー社が培ってきた音響、映像、情報、セキュリティ等の技術の知識を活用して、昨今の教育現場で課題となっている、いわゆる「アクティブラーニング」の推進に寄与するプロジェクトを実施する予定です。

より具体的には、人間科学研究科とジャトー社の協同で、子どもたちや大学生が主体的・対話的に深く学ぶことができる環境や教育プログラムの開発等を行う計画です。地域において、このような取り組みを蓄積することで、社学連携による、教育コミュニティの共創を目指します。

今回のOOS連携協定を通して、人間科学研究科は社学連携により研究知見の社会実装をより強力に進めることができます。また、企業との共同研究の現場に学生たちを巻き込むことによって、実践的能力(デザイン力)の育成の場を設定することができます。一方、ジャトー社はこの取組を通して社会貢献の射程を拡張し、研究シーズの発掘を期待しています。

*人間科学研究科附属「未来共創センター」は、人々が支え合い、共生できる「場」を創出することを目指す様々なプロジェクトに取り組んでいます。その「共創」の仕組みを「大阪大学オムニサイト(OOS)」と名付け、2017年5月に始動させました。これまでの「大阪大学オムニサイト」の連携組織についてはhttps://www.hus.osaka-u.ac.jp/oos/about/をご参照ください。今回のジャトー株式会社との連携協定は9件目の締結となります(OOS第9号)。

SDGsカテゴリー
ページトップに戻る