災救マップ・アプリ http://www.respect.osaka-u.ac.jp/map/ 寺院、神社、教会などの宗教施設約20万件、学校や公民館などの指定避難所を合わせて約30万施設をマップにしたもの で、インターネット上で無料公開している。災救マップ・アプリは、iPhoneおよびAndroidのユーザーが被災状 況を発信できる双方向システムを備えている。文部科学省「博士課程教育リーディングプログラム(未来共生イノベー ター博士課程プログラム)」の予算で2013年、2014年に開発した大阪大学の知的財産。その後、以下の研究費で改良。 科学研究費補助金基盤研究A「宗教施設を地域資源とした地域防災のアクションリサーチ」(代表:稲場圭信)https: //relief-map.jimdo.com/

SDGsカテゴリー
タグ
  • 防災
Category
ページトップに戻る