オープンキャンパス

(大阪大学他学部のオープンキャンパスについては、
こちら(http://www.oc.icho.osaka-u.ac.jp)をご覧ください。

 

模擬授業・セミナー

模擬授業

行動学科目:

「裁く心を科学する」

行動学科目:綿村 英一郎 先生

2009年に始まった裁判員制度により,私たち法の素人が人を裁く時代になりました。事件によっては死刑という選択肢も考えなければなりません。しかし,神でもAIでもないヒトにとって,感情や予断を抜きに “合理的に”証拠を判断し,“公正な”刑罰を決めることはとても苦手です(実は裁判官も!)。この講義では,裁判の心理学を紹介します。

社会学科目:

「病気と社会」

社会学科目:山中 浩司 先生

病気は社会をどんな風に変えるのでしょうか。働き方、人との距離、人間関係のあり方、病む人との接し方、自由と規律の関係など、これまでの日常ではありえなかったことが起こっています。今回の経験を通して病気と社会の関係を考えてみたいと思います。

 

教育学科目:

「アサーティブな自己表現とメンタルヘルス」

管生 聖子 先生

私たちは、様々な自己主張をしながら対人関係を築いています。自分の考えや思いなどを、正直に、その状況にあった適切な方法で伝えることを「アサーション」と言います。模擬授業では、カウンセリングの一方法に元型があるこのアサーションについて紹介し、対人関係や自身の認知に関連したメンタルヘルスについてお話したいと思います。

共生学科目:

「生き物たちとの世界––人間と動植物の関係を考える」

共生学科目:モハーチ ゲルゲイ 先生

人間が人間以外の生き物とどのような関係を結びながら生きているのかは、「人新世」とも呼ばれる気候変動の時代を生きる私たちに与えられた大きな課題のひとつです。本授業では、食や病気など具体的なの事例を取り上げながら、人間と動植物との共生について受講者とともに考えていきます。さらに、そうした「多種共生」の姿を捉えるための人類学および共生学という分野の特徴を学びます。

 

セミナー

国際交流室:

「留学・国際交流セミナー for 人科生

安元 佐織 先生

大阪大学人間科学研究科の学生さんには、国際交流の機会が沢山あります。このセミナーでは、①短期語学留学について②長期留学について③英語での授業受講について④国際交流サークル「FUN Jinka!」について、先輩方の経験談も交えて紹介します。