公認心理師プログラム

 

Q & A よくあるご質問

【公認心理師に関するご質問】

Q1-1.
公認心理師を取得すると将来どんな職業に活かすことができますか?取得するメリットを教えてください。

A.
近年、心理学の専門性を持った人の雇用が増えているのは、発達障害支援(医療・福祉・教育)と産業メンタルヘルス(企業)の領域です。例えば産業では、「働き方改革」「ストレスチェック制度」の導入により、多くの企業がメンタルヘルスに関する対策を考えており、それを担える人材が必要とされています。

 

Q1-2.
臨床心理士を取ると自動的に公認心理師になれますか?

A.
いいえ。臨床心理士と公認心理師は別の資格です。
学部で公認心理師受験資格の要件を満たした上で、本学大学院の「臨床心理学研究分野」 (もしくは公認心理師・臨床心理士両方の受験資格取得に対応している他の大学院) に入学すると、臨床心理士と公認心理師の両方の受験資格を同時に取得することが可能です(臨床心理士は学部卒業要件がないため)。

 

【受験資格取得に関するご質問】

<学部・大学院共通>

Q2-1.
公認心理師受験資格を取るには,人間科学部/人間科学研究科内の特定の講座や分野に所属する必要がありますか?

A.
いいえ。所属講座や分野に関する制限はありません。しかし、本学での公認心理師受験資格取得は教育学系・行動学系を中心に対応しています。→Q2-7へ

 

Q2-2.
臨床心理士と公認心理師の両方の受験資格を取れますか?

 

Q2-3.
在学中に留学に行きたいのですが、受験資格を取ることはできますか?

A.
留学の期間にもよりますが、もし留学が比較的長期になる場合、卒業を延期(あるいは休学)することで、受験資格取得に必要な科目の履修は可能です。

 

<学部を受験される方向け>

Q2-4.
大学入学時に受験資格を取るかどうか決める必要がありますか?

A.
いいえ、ありません。まずは、公認心理師科目のうちの履修可能な科目をいくつか受講して、勉強しながら資格取得について時間をかけて考えることができます。3年生後期(もしくは4年前期)の「心理演習」の履修時に、資格を取るかどうか決めることになります。
Q2-5.
学部卒業後、他大学の大学院に進学して受験資格を取ることはできますか?

A.
はい、可能です。ただし、進学先の大学院が公認心理師受験資格取得に対応している必要があります。また、学部で省令に定める科目をすべて履修してから卒業する必要があります。
卒業してから科目等履修生などで単位を取り直して、受験資格を満たすことはできません。

 

Q2-6.
学部に編入した場合、受験資格を取ることはできますか?

A.
在学中に必要な科目を全て履修すれば、受験資格を得ることは可能です。しかし、本学においては本来学部4年間での履修を前提とした科目開講となっているため、卒業年次を遅らせなければならない可能性があります。

 

<大学院を受験される方向け>

Q2-7.
公認心理師受験資格は、臨床心理学研究分野以外でも取れますか?

A.
はい。教育学系・行動学系を中心に複数の研究分野で対応しています:臨床心理学,教育心理学,比較発達心理学,臨床死生学・老年行動学,社会心理学等。その他の分野については指導教員との相談が必要です。大学院前期課程修了には修士論文の執筆が必須なので、論文執筆との両立が可能な範囲で履修が認められます。

 

Q2-8.
心理系の学部を卒業していないのですが、これから大学院に入学して単位を履修すれば受験資格を取れますか?

A.
いいえ。心理系の学部において省令で定められた科目を全て履修していることが前提となります。受験資格を得るためには公認心理師受験資格取得に対応する大学に再度入学し、必要な科目を履修した上で大学院に進学する必要があります。

 

Q2-9.
他大学から博士後期課程に入学し,受験資格を取ることはできますか?

A.
はい。公認心理師法施行前に大学に入学しており、省令に定める科目を全て履修している方で、公認心理師法施行後に大学院博士後期課程に入学される方に関しては、博士後期課程に入学してから修了するまでに大学院で必要な科目(10科目)を履修すれば、受験資格を取ることができます。

 

【実習に関するご質問】

Q3-1.
どのような実習先が設けられていますか?

A.
学内・学外ともに保健医療・福祉・教育・産業・司法など様々な分野にわたる実習先が設定されています。実習施設一覧はこちら。

 

Q3-2.
プログラム参加への選抜とは,どのようなものですか?

A.
学部における心理実習及び大学院における心理実践実習は履修できる人数に限りがあるため、履修のための選抜を行います。大学での科目履修状況と成績、基本的なコミュニケーション能力や、卒業論文・修士論文と実習との両立可能性などに関して、書類と面接での審査を行います。

 

【その他】

Q4-1.
大学・大学院受験生対象の公認心理師説明会はありますか?

A.
実施を検討していますが、詳細は未定です。

 

お問い合わせ先

【履修科目証明に関するお問い合わせ】
  大阪大学人間科学研究科教務係:jinka-kyomu@office.osaka-u.ac.jp

【その他公認心理師プログラム全般に関するお問い合わせ】
  公認心理師プログラム運営室:kounin@hus.osaka-u.ac.jp