ジャーナル『未来共創』第9号の原稿を募集します!

「共生」や「共創」に関連するテーマを論じた「論文」「研究ノート」「フィールドワーク報告」「書評」「エッセイ」の原稿を募集しています。ぜひご投稿ください。

募集期間: 2021年7月1日〜2021年10月31日
投稿規定はこちらからご確認ください。(PDF)

(注)大学院生による投稿の場合、指導教員の承諾を受ける必要がありますので、指導教員の承諾署名欄を設けた提出書のテンプレートを合せて提出ください。
投稿に係る提出書(学生用) (Word)

『未来共創』第8号を発刊しました!

『未来共創』
第8号(2021年)

 ISSN 2435-8010

 

目次

  1. 発刊にあたって
論文
  1. 米国に住む「日本人ゲイ」により語られる物語/語りに関する研究―
    どのように自身の性的マイノリティ性と人種・民族的マイノリティ性について物語るのか
  2. 性暴力被害とトラウマを再考する―新自由主義とポストフェミニズムの観点から
特集レジリエンス
  1. 特集にあたって―コロナ時代に考える「レジリエンス」
  2. 人間のレジリエンスとナラティヴ
  3. 人類進化におけるレジリエンス
  4. レジリエンスについて災害研究を通して考える
  5. 医療とレジリエンス―新興感染症からの試論
フォーラム 「共生/共創の多角的検討」
  1. 共生/共創の多角的検討―1
    違和感とフラストレーションを起点とした協同的オートエスノグラフィー 

  2. 共生/共創の多角的検討―2
    「共同翻訳」から始まる共生/共創―上辺だけではない議論と実践のために
研究ノート
  1. 介護予防・日常生活支援総合事業における利用者の活動と社会資源―地域のなかの通所型サービスを事例として
  2. 私立大学Aにおける留学生の防災力に関する研究―日本人学生と比較して
  3. パレスチを巡る占領政策の一考察―集団的懲罰としての連座刑の視点から
未来共生プログラム コミュニティ・ラーニング2020報告
  1. あの日から10年、野田村の想い―改めて考える岩手野田村でのフィールドワーク
  2. コロナ時代に考える多文化共生―まなびのカフェのイベントを通じて
  3. G30プログラムと共創の場を目指すために
マイノリティ教育ラボ 活動報告
  1. コロナ禍における学生のボランティア活動 
書評
  1. 平野晋『ロボット法―AIとヒトの共生にむけて』
  2. Asad Haider, Mistaken Identity: Race and Class in the Age of Trump
  3. 東畑開人『居るのはつらいよ?ケアとセラピーについての覚書』 
エッセイ
  1. “環境先進国”の見えない代償 
  2. がんとの共生
  3. 死に方との共生
  4. 「共生のジャーナリズム」考
編集後記