Skip to content Skip to navigation

人間科学研究科/人間科学部

大阪大学人間科学部は、日本ではじめて設立された「人間科学部」です。1972年(昭和47年)に大阪大学文学部から独立する形で、心理学・社会学・教育学3系9講座からなる学部として発足しました。
 * 人間科学とは
 * 沿革
 * 研究科長/学部長挨拶

大学院紹介

教育工学

テクノロジーから教育の未来を構想する
【研究課題】
■ 学習環境のデザイン
■...

地域秩序論

地域研究と人間開発を結ぶ
【研究課題】
■ 中国・中央アジア諸国など現代シルクロード地域の社会開発、国際保健・人口学

 ...

学部紹介

安全行動学

実社会に活かせる研究をする
日常生活や働く場面などにおける安全性や快適性を阻害する問題について、それをどうすれば解決できるかを心理学的に明らかにし...

国際協力学

実践と理論を統合する学びの場
保健や教育など、人びとの暮らしに寄り添った生き生きとした学問です。フィールドでの経験を持ち帰り、...

留学・国際交流

人間科学部、人間科学研究科は、留学や国際交流を推奨しています。大学のグローバル化のための「国際化拠点整備事業(グローバル30 )」として、英語のみで授業を受け、卒業できる「人間科学コース」を設置しているほか、国際公募による外国人教員の採用、留学生の受け入れ、日本人学生の留学へのアドバイスなどを行っています。

進路・資格について

人間科学部・人間科学研究科では、各種の資格・免許状を取得できます。
学生たちは、学部や研究科の学びで身に付く複眼的な思考力や実践的行動力を活かして、現実社会へ羽ばたきます。

教員著作リスト

生きる視点から考える環境問題―環境ホルモンからアスベストまで身近に潜む危険 三好恵真子

三好恵真子 2006 『生きる視点から考える環境問題―環境ホルモンからアスベストまで身近に潜む危険』 ヒューマンウィングス.