比較発達心理学

心のしくみの発達と起源を探る

比較発達心理学

【研究課題】
■ 乳幼児期の社会的認知発達研究
■ 母子相互作用の実証研究

 ヒトの行動を真に理解するためには、胎生期から大人に至る行動発達のプロセス(個体発生)だけでなく、原生動物からヒトに至る行動進化のプロセス(系統発生)を視野に入れる必要があります。比較発達心理学研究分野は、発達心理学や比較行動学にその方法論を求め、ヒトの心理、行動および身体、またそれらの相互関連性を追求する分野です。研究対象は多岐にわたり、ヒトの乳幼児期から児童期の子ども、時には成人も対象とします。
 研究テーマは、乳幼児期の社会認知、特に他者理解、道徳・向社会性、社会的学習を中心に、実証的な方法論を用いて、さまざまなテーマに取り組んでいます。主に、大学の調査室で、乳幼児の認知発達実験や母子相互作用の実験を行っています。

教員